« バトン№2 | トップページ | エレクトーン »

2008年2月15日 (金)

Vongola☆幻想 第1楽章

「そうだびょん」
「えっ」
  コンコン☆
 またドアが鳴った
  ガチャ☆
「邪魔する」
 ランチアが入ってきた。
「なんら、ランチアか...」
「今日は何をするんだ??」
「オニゴよ♪」
 M・Mが言った。
 皆は、えっ..て顔をしている。
「な...なんれ鬼ゴッコ...」
「やることないからよ☆」
「えっ...」
 M・M以外の全員ハモった
  コンコン☆
「あれ??呼んだやつらもう居るのに...なんれ??...柿ピー!!呼んだな!?」
「うん。」
「誰を!?」
「沢田 綱吉、獄寺 隼人、山本 武、アルコバレーノ、 雲雀 恭弥、ベル、マーモン」
「よくそいつらの住所知ってらな...」
「調べた。」
「お邪魔します...」
「10代目!!こいつら大丈夫なんでしょうか??」
「獄寺ー、大丈夫だろー??」
「ちゃおっす」
「あんまり、群れないでね」
「ししし...楽しみ」
「ボクもだよ...ベル」
 沢田 綱吉、獄寺 隼人、山本 武、リボーン、 雲雀 恭弥、ベル、マーモンの順で言った。((注.手抜きwww
       続く☆

|

« バトン№2 | トップページ | エレクトーン »

χ:;:夢☆小説:;:χ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/525144/10531417

この記事へのトラックバック一覧です: Vongola☆幻想 第1楽章:

« バトン№2 | トップページ | エレクトーン »