« 今日の日記☆ | トップページ | アクセス数 »

2008年2月17日 (日)

Vongola☆幻想 第1楽章

「ギャ~~~っ始まったぁぁぁぁぁ」
「ボス、落ち着いて」
「だって、だって、だって~~~、クローム~
これ、ある意味命落としそうだよ~~~」
「10代目!!右腕である俺がいますから安心して下さい!!」
「ご、獄寺君!!」
「それに...守護者多いほうが有利だな~」
「山本!!」
「ね。頑張ろう。ボス」
「皆...ありがとう!!」
「ねぇ...群れないでくれない??」
「ヒバリもこっちなのな~」
「僕は僕のチームさ」
「え。」
「あ...あの...」
「ん??どうしたの??クローム」
「もう、始まってるのを、忘れてない?ボス」
「あ...」
 忘れてたのはツナの他にもいた。
「へへへっ!!敵チーム見つけたびょん!!」
「めんどいけどね...」
「犬と千種...」
「こっち向くなよブス女!!」
「ごめん...」
「クロームは敵チームだよね。めんどいけど倒す」
 千種のめんどくさがりは相変わらず。
「ボス、皆、逃げて。私が2人を倒すから」
「えっ...うん...」
 ツナは大丈夫なのかと心配だった。
             続く☆

|

« 今日の日記☆ | トップページ | アクセス数 »

χ:;:夢☆小説:;:χ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/525144/10572596

この記事へのトラックバック一覧です: Vongola☆幻想 第1楽章:

« 今日の日記☆ | トップページ | アクセス数 »