« Vongolaの力(詩) | トップページ | 入学式ww »

2008年4月 9日 (水)

Vongola☆幻想 第2楽章 ~10年後の世界~

 目の前に、いつも見ている骸がいた。
「あ、雲雀さん。さっき、君に似ている人がいたので勝負しようとしてました」
「ふ~ん...どんな人だった??」
「雲雀さんが髪の毛を切った漢字でした」
「恭弥...」
「えっ??」
「僕の名前」
「わ...分かってますよ。それ位...」
「違う。今度からは恭弥って呼んで」
「えっ、なっ何でですかっ??」
「いいから...」
「でっ、ではこれからは骸と呼んでもらいます」
「何で??」
「いいじゃないですかっ」
 照れる骸。
「クフフフ...」
「クスクス...」
 なぜか2人同時に笑った。

 僕が必要だったのは、『恋』なのかも知れない―...
     ~ENDだよ。~

管理人:骸 から。

 ご愛読、有り難う御座います!!

 宜しければリボ夢でリクエストをどうぞ!!

|

« Vongolaの力(詩) | トップページ | 入学式ww »

χ:;:夢☆小説:;:χ」カテゴリの記事

コメント

リクエスト…そうですね腐で宜しいのなら8018とか6927とか…てか腐しか思いつきません;;

投稿: 恭弥 | 2008年4月 9日 (水) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/525144/20069514

この記事へのトラックバック一覧です: Vongola☆幻想 第2楽章 ~10年後の世界~:

« Vongolaの力(詩) | トップページ | 入学式ww »