« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月29日 (月)

今日のクラブは風景画でチャチャっと描くはずが丁寧に描いてしまった

はい、今日はタイトル通り今日はイラストクラブで

 

風景画をチャチャっと描こうとしたが丁寧に描いてしまいましたwww

 

で、教室から見える風景描いたんです。

 

誰かの家を((笑

 

学校の裏庭も描いて、ついでに打つのは何ですが...

 

                        読みたかったら↓へ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

ヒバリさん描きました((笑

 

色はまだ塗ってません

     END!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月27日 (土)

Vongola☆幻想 第4楽章 ~史上最悪最強のノート~

 帰り道、雲雀はでぃのと一緒に帰った。
「何で貴方は僕に付きまとうの」
「いいじゃねーか。それより、奴隷ノートって言ってたけど、ほんとに使えるのかソレ」
「使えるんじゃん?? じゃあ書いてみるよ」
 《指名者→六道 》
 ここまで書いて雲雀は気がついた。
「.........」
「? どうした??恭弥??」
「六道骸の漢字知らない...」
「......プッ」
「...笑ったね??」
「いっいやっ 骨に核の右のやつで骸だ」
「へえ」
 雲雀はまた書き始めた。
 《指名者→六道骸
  時間→夜11時
  場所→所有者の家の前
  内容→所有者に本音を言う》

「これで、どうなるかな??」
「俺も見張ってるよ!!」
「別にいいけど...」
「あと6時間あるけどどうするんだ??」
「風紀の見回り」
 まぁ、そんな感じで見回りしてたわけだ

 そのころ、復習者の牢獄
「マタアイツガ脱獄シタ」
「モウイイ。アイツハモウ放ッテオケ」
 なっぽーが脱獄した。

さあ、どうなる??続きはウェブで!!((ナイナイ
 続きは、気が向いたら!!  じゃ、続くっぽいし、まぁ、適当に見てやって!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

更新

はい、ブログの色、ガラっとかわりやしたね。

 

ちなみに、テンプ、好きな色(赤)です

 

画像も変わりました。

 

オリキャラっスよ。

 

駄目絵の

 

特に意味もない。

 

まあ、そんなこんなでこれからもよろしwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニリボ 標的101話 「夜襲」 & ジャンプリボ 感想

今日のリボ、ランボ出ましたねwww((←で??

 

つーいたよねww((ツナのこと

 

フォーでたーww(ミルフィオーレの黒と白の飛んでたやつがフォーやってるように見えただヶ)

ヒバリさん......「弱いばかりに群れをなし咬み殺される袋の鼠」あれよかったよね~heart01

 

あれさー、よかったぁぁぁぁ!!びゃっくんいなくって、微妙に寂しかった。

 じゃんぷリボ感想

 

今週、雲針鼠がヒバリさんにグサっでしたよねっ

 

あれ、鳥肌立った よかった!!((←黒い私。

 

あ、グロいこといってさーせん

 

つー、少なかった...でも、最後のよかったぁ

 

酢花゜、生きててよかったぁ~

 

生きてなかったらスパツナは終わっちゃうじゃないですか!!

 

てな感じで思ってた骸です。

 

あ、あと、表し絵のクローム良かった!!

 

あれ、凪がセラ服やねん!!

 

ムクロウおったし!!

 

  END

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1週間も放っておいた骸はえらい「めんどくさがり」である

なんか、タイトルが長くなりましたが、気にしないで下さいwww

 

銀魂みたいな感じですが...

 

今日は、エレクトーンで、先週よりスムーズにいったよう、ないってないような...

 

和音ができねーーーーー!!

 

覚えらんねーーーーーーっ!!

 

弾きたい和音が弾けねーーーー!!

 

どーすっかなーーーー!!

 

   と、まぁ、こんな感じで1週間練習もしてないで

 

12月の8級できんのかって自分でも思う。

 

練習せへんで絵描いとるウチや!!((←なぜ大阪弁...

 

金管もやってないからなー...

 

朝低学年が並ばへんからイラつくねん!!((いきなり話し変わったー

 

あーっ。どないせーばえーねん!!

 

あ、思わず愚痴ってもーたwww

 

じゃ、ENDで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月20日 (土)

今日は塾でした

はい、題名のとおり塾でした。

 

今日、空いてる時間、店内ブラブラ歩いてたら...

 

卒業生おったwwwwお久やなぁwww

 

と、思いました。

 

で、声かけました!!

 

「久しぶりwww!!」

 

とね。

 

その人、骸のこと覚えてくれていました!!

 

嬉しいっス!!

 

出会いの場→サザンクロスのゲーム機の前((笑

 

とにかく会えてうれしかったっス!!

 

で、塾でも結構できてたほうで!!

 

もう嬉しかったの連続でした!!((泣

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

Vongola☆幻想 第4楽章 ~史上最悪最強のノート~

「待たせちまったな!!恭弥!!」
「別にいい」
「で??何の話だ??」
「......好きだ」
  ん??好きだ??何かの聞き間違えか??
 とディーノは思った。
「恭弥......俺ら、男同士だぜ...お前...ギャグ狙ってるのか??」
 はいはーい!!これ書いてるヤツは狙ってまーす!!((笑
「狙ってないよ。ただ...」
「ただ??」
「自分でもよくわからない。僕の本音はあなたを咬み殺したいだけ」
 ヒュンとトンファーを振った。
「ちょっ待て!!お前人を呼び出しておいて何だよその態度」
「さあね。僕には獣の血が流れているからね」
「それ答えになってねーし!!しかもお前人間だから!!」
「人間??草食動物と同じにされたくないね」
 ガーン と、こっそり聞いていたツナは思った。
「大体、何だよ恭弥。お前らしくないぞ??」
「は??僕はそのときの僕が好きなキャラだから」
 ま、そんなこんなだ((笑
「「ナレーターは黙ってろ!!」」
 あ、さーせん。

 そのときリボーンたちはと言うと
〔リボーン!!お前なんかやらかしたのか??〕
〔ん??まぁな。これだ〕
 リボーンは奴隷ノートを差し出した
〔やる〕
〔ちょっと待て!!リボーン!!お前なんだよコレ!!〕
〔奴隷ノートだ〕
「いらないよ!! あっ」
  ヒバリさんにバレた?!これ、絶対やられるっ ヤバイよぉ~
「なんだいそれ」
「ちゃおっス!!ヒバリ!!これは史上最悪最強のノートだぞ☆」
「☆ いらねーし!!つーかこれヒバリさんが持ったら全世界血の海だよ~」((汗
「ダイジョーブだぞ。名前と顔が入ってなきゃつかえねーからな」
「DE●TH ●OTEかよ!!」
「これ、もらうよ」
 ヒバリはツナが持ってた奴隷ノートを奪った。そして
 ヒバリは奴隷ノートをゲットした!!
「あ...はい...」
 ツナは呆気なく渡してしまった。
「残念だったなツナ」
「え??」
「あれでマフィアがいない新世界の紙になれたのにな」
「俺、紙かよ!!」
「で、これ、本当に使えるの??」
「ああ。お前で試したからな」
  あ、リボーン...言っちゃった...
 ツナはそう思っていた
「ってことでこれ貰って行くから」
「いいぞ」
「で、俺の出る幕ねーのかよ!!」
「あなた、そんなに煩かったっけ??」
「えっ??あああ、なんでもないからww な!!ツナ!!」
「えぇ、まぁ...」

  続く(っぽいよ)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

グダグダライフ((笑

今日もグダグダライフをすごしたわけでさぁww

 

うん。社会も国語も何もかも簡単だった。

 

楽しかったって言うと............あ、うん。算数が簡単すぎてさぁ~((←何このタメグチ...

 

すぐ解いてまぁ、暇だったわけよ((笑

 

ま、暇だし、小説ちょい長めにする(と思う)よwww

 

あ、今日金曜だよね...面白い番組あったけ......

 

なんか話の内容がつかめないと思いますが気にしないでくださいwww

 

簡単にいえばグダグダっスよ!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月18日 (木)

Vongola☆幻想 第4楽章 ~史上最悪最強のノート~

 朝、リボーンが歩いているとすごいものが手に入った。
「ん??これは...奴隷ノート??デスノのパロじゃねーのか??これ」((笑
 リボーンは奴隷ノートをゲットした!!((←ポケモン風ww
 ここで使い方を説明が書いてあった↓

 所有者キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
 このノートはまぁ、簡単に説明するけどさぁ、○○が△△に××するってゆーアレだ。
 何だっけ...あれだよ。罰ゲームみたいなやつ。
 ちなみにふざけスギのやつとかもできんじゃね??やってみww
 このノートをほかの奴に回すとお前はもう使えなくなるぜwww((たぶんな
 飽きたんなら回せ((笑 ま、嘘だと思うならやってみ。

 

 と、曖昧に書いてあった。
「ふっ...雲雀使ってやってみっか」
 と、言うことで書いた。
 内容は、{屋上で雲雀がディーノに「好きだ」と言う((笑}だ。
 書き終わったとき
「ただいまー」
 ツナが帰ってきた。
「ツナ、学校に行くぞ」
「何でだよ」
「じゃねーとネッチョリ勉強が待ってるぞ」
「ネッチョリは嫌だ」
「じゃ、いくぞ」

  その頃、この話の主人公の雲雀は携帯でディーノを呼び出していた。
「ねぇ、今すぐ屋上来てよね」
『は??何でだよ??』
「関係ないでしょ。咬み殺すよ??」
『わーったよ』
  プツン
 携帯を切った。
「何で僕、こんな事言ったんだろ...」

 

ツナとリボーンはその頃学校の門を通っていたっぽいよ。

     続く(んじゃね??)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

バトン回ってきました

妄想10cmバトン

指定キャラ:むっく

■目が覚めた時に10cmの「むっく」が顔を覗きこんでました。
えっ!?ウソ!?なにコレ!?

■10cmの「むっく」貴方は飼いますか?
飼い焦r((強制終了

■10cm「むっく」がお腹が空いたと主張しています。
目玉焼き作る((それしか作れないという理由です

■10cm「むっく」がトイレに行きたがっています。どうしますか?
連れてく... それしかありませんね...

■10cm「むっく」がお風呂に入りたがっています。どうしますか?
自分で入りなよ。忙しいから((←ヒドっ

■10cm「むっく」と初デート!何処に連れて行きますか?
むっくが行きたいところでいいよ

■最後の質問!10cm「むっく」が本当にいたら、貴方はどうしますか?
飼いj((強制終了

■妄想させたい5人をチョイス!!

フリーで...やりたい人はコメントかいてください。指定するので。

ルール
☆素直に答えてください
☆嘘はいけません
☆10人指名しないと容赦しません

1、あなたのステータスを教えてください 
性別:女((でも俺って言ってるし実際男口調多いです。
歳:12歳
誕生日:7月1日
星座:蟹座
血液型:A
身長:不明
体重:不明

2、恋愛について教えてください
好きな人いる?:いません
好みのタイプは?:特になし。
キス経験は?:ありません

3、学校について教えてください
何クラス?:1じゃね??
友達多い方?:多分
好きな教科:音楽、図工、算数
嫌いな教科:国語、書写
今までの最高得点は?:100点((があたりまえと言われる...
合唱コンクールでは何歌った?:忘れた

4、あなた自身について教えてください
嫌いな芸能人:キョーミナイ
好きな芸能人:キョーミナイ
今の格好:私服

5、このバトンを回して来た人について教えてください
明るく元気っス!!

6、次に回す子
誰でもいいよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Vongola☆幻想 第4楽章 設計図

んー...4楽章ね...緑サンから言われたやつにするで~

タイトル:史上最悪最強のノート

 主人公:雲雀??

 

その他出てくる人物:でーの、ツナ、りぼー、 その他未定

 

   ま、適当に読んじゃってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

Vongola☆幻想 第3楽章 ~番外編~

 今日は、学校が休みだった俺は散歩へ行った。
 川原まで着くと霧がぼんやりとあった。
  いやな予感... 逃げたほうが良いのかな??
  あ、でもクロームかも...
 そう思い俺は霧が深いところへ行った。
  何だ...ただの霧か...
 俺はほっとしたが...
「あれ...?? ここ、黒曜中??」
 霧を抜けると黒曜中に来ていた。
 後ろを振り向いてみたら霧は消えていた。
  ...なんだか気味が悪いな
 俺は家へ帰ろうと歩いていったが...
「あれっ またここに来ちゃった」
 何度も繰り返すが帰ろうとするとこの場所に戻る。
「クフフフ...」
「えっ??骸?? 何処にいるんだよ!?」
「あなたの後ろにずっといますよ」
「は??見えないんだけど...」
 何でだろ...骸の声が聞こえるのに...
「あなたの後ろに心だけがそこにあるんです」
「え??」
 見ると藍色の光が見えた。
「まさか...ここに」
「ええ」
「何で??」
「今は復習者(ヴィンデチェ)の牢獄に本体はあるのです」
「あっそう  ねぇ、帰らせてよ」
「なぜです」
「俺、散歩しに来ただけだし」
「帰らせてあげますよ。その代わり、あなたが復習者の牢獄にいる僕を助けると誓いますか??」
「何で俺が助けなきゃいけないんだよ!? 柿本千種や城島犬が助けるだろ??」
「彼らは...使えません」
  なんですとーっ
「なので...いつでもいいので助けてください」
「う...うん...事情はわかった((あの2人が使えないという))だから...何年...何十年かかってもいいなら助けに行くよ」
「必ず...ですよ...」
「うん。必ず行く」
 俺がそう誓った後、光は徐々に小さくなり消えた。
 そして俺は無事、家に帰れた。

       番外編 END

| | コメント (2) | トラックバック (0)

どうも...

久しぶりに来てみるとコメントが沢山ありました

 

コメントを下さった皆さん、有難う御座います!!

 

え?!こんなに?! と驚きました

 

あ~、小説第4段突入ね...

 

その前に番外編やるから...

 

暇な人は見てください

 

END。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

小学校生活最後の運動会

はい、昨日の話をします

 

昨日、5時過ぎまで学校にいて観客席は

 

何処から何処までかのロープ引っ張る手伝いをしました!!

 

簡単だった。

 

で、

 

今日が運動会...

 

赤組です。5連敗組みです。

 

別にいいや...

 

火曜日休みだし((笑い

 

金管・鼓笛パレードも成功したし...

 

放送は間違えまくったし((←なんだか内容違うきがしますがいいですよね?

 
 

1年のときから6年のときまでの過去↓

 
 
 
 
 
 

   (骸がなった組)
       ↓
1年のとき→白⇒負け ←(勝敗)

 

2年のとき→赤⇒負け

 

3年のとき→赤⇒負け

 

4年のとき→赤⇒負け

 

5年のとき→白⇒勝ち

 

6年のとき→赤⇒負け

 
 
 

です

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

コンポタージュの歌

金管の同級生((てかクラス同じ))人と作った歌です
 皆さんの腹筋が鍛えられると幸いです
    歌↓
(前奏)
僕の名前ドラえもん 猫型のロボット
好物はドラ焼きって皆思ってるけど
実は餡子苦手です 鳥肌が立ちます
本当の好物はコンポタージュ

(歌)
コンポタージュ持ってこい コンポタージュ持ってこい
誰でもいいからコンポタージュ持ってこい

コンポタージュ持ってこい コンポタージュ持ってこい
不思議なポッケでコンポタージュ作ろう

コンポタージュ自由に食べたいな
「はい!!コンポタージュ」

ウマっ ウマっ ウマっ
とっても大好き コンポタージュ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »