« かったりぃー | トップページ | もう1つの夢小説 »

2008年10月 7日 (火)

Vongola☆幻想 第4楽章 ~史上最悪最強のノート~

 で、夜11時
 ぱいなっぽーが雲雀の家にきた
  ガチャ
「あ、やっぱり来たんだ」
「はい??」
「何でもない。で、何しにきたの」
「雲雀恭弥...僕は、貴方のこと...好きです
「は??」
「だから好きです」
「僕男だよ??だから君、変態とか言われるんだよ??解ってるの」
「えっ?!僕、ヘンタイ呼ばわりされてたんですか?!」
「はー...説明すんの疲れてきた... 僕、眠いから」
「さっきの返事は?!」
「嫌いに決まってるでしょ」
 ナッポーは5000の心のダメージを受けた
 雲雀は100万円の賞金をもらt((うわけない
「じゃ、寝るから」
「待ってください!!僕、寝るところがないんです!!(脱獄したから)」
「じゃ、綱吉の家でも行けば??」
「絶対にダメと言われます」
「僕の家はいま1ファミリーのボスのくせに部下がいないと運動オンチな金色の髪の奴がいるからパイナッポー星から来た緑堂夢食露なんか来たら家が狭くなる」
「なんですか!!その緑堂夢食露って!!緑堂って同人誌の出版社ですか?!そんなのありませんよ!!夢食呂って夢を食べる露天風呂ですか!!そんなところくる人いませんよ!!」
「君、緑堂夢食呂じゃないっけ??」
「六道骸です。六道輪廻の六道に残骸の骸です」
「へぇ。君、残骸なんだ」
「違います!!」
「じゃあ市外の外」
「ずいぶん離れましたね...」
「気のせいだよ」
恭弥ぁ~heart01
 甘える声でたねうまでぃのが来た (つーか何故文字がピンクっキモっ)
「なっぽーどうにかしてよ。ハメウマ」
「ハメじゃない跳ね馬だ と...あぁナッポーね...いいんじゃん??寝せてやれよ」
 聞いてたんだね...でぃーのさん...
「ってことで!!今日からお願いしますね恭弥くんheart01
 キモっとか雲雀は思った。

   続く。(と思う)

|

« かったりぃー | トップページ | もう1つの夢小説 »

χ:;:夢☆小説:;:χ」カテゴリの記事

コメント

久だねw
最近来てなくってごめんね;

小説面白いねw^^
特に骸様が取り乱してるところとか←

投稿: | 2008年10月 8日 (水) 20時09分

久しぶり!
久しぶりにきたけど・・・
骸s・・・
変体になった?
前より・・・

投稿: | 2008年10月10日 (金) 20時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/525144/24336292

この記事へのトラックバック一覧です: Vongola☆幻想 第4楽章 ~史上最悪最強のノート~:

« かったりぃー | トップページ | もう1つの夢小説 »