χ:;:夢☆小説:;:χ

2009年4月 5日 (日)

Vongola☆幻想 第5楽章 設計図

タイトル:Vongola☆幻想  第5楽章 ~骸は来るなッ!!~

主人公:つなよし

他雑用:ムクロとか。

 

ストーリー;ツナムクのパニック小説。
       Sツナのつなよしが繰り広げる史上最悪のタイトルどうりのこと

          以上。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

Vongola☆幻想 第4楽章 ~史上最悪最強のノート~

 次の日、雲雀はいつもの如く登校した。
 その日はいつもより晴れていた。

 ―応接室

「草壁、例の件は??」
「はっ」
「......奴隷ノート、結局そんなに使えないな... 
 小さな声で言う雲雀に日下部は気付いた。
「...??委員長、どうなされました」
「...何??僕が何か言った??」
「いえ、何でもありません ((怖ぇぇぇ  」
「そう。」
「あ、それとですね委員長、最悪なことですが...」
「何??誤字があったの??」
「いえ、実は六道骸が今日転校して来たんですよ」
「そう。今何処??」
「屋上に居ま、委員長?!」
 ガラっ
「今から屋上に行ってくる」
「えっあっは、はいっ」

 ―屋上
「恭弥くん...??」
「はーっ...はーっ...」
「どうしたんですか??」
「骸...ありがとう...」
「はい??」
「転校してきてくれて...」」
「どういたしまして。あ、この服どうですか??」
 骸の服、それは並盛中の服だった。
「あははっ」
「どうしたのですかっ」
「いや、似合ってるよ」
「笑いながらいうほど似合ってないんですねっ」
 骸が言い終わると雲雀は笑い終わった。
「骸...」
「えっ??恭弥くん??」
............好き。
「えっ??」
「ねぇ、君はどう思うの...??」
「好き...です......あの、」
「?」
「今度は跳ね馬無しで暮らしましょう」
「嫌だ」
「何故ですっ」
「あいつは必ず僕の居場所をかぎつける」
「それなら、あなたを隠してあげます」
「は?? 隠す??僕を??」
「えっ??」
「えっ??じゃないよ。冗談じゃないね!!」
「はいっ??さっきの乙女チックな恭弥くんは何処へっ」
「なに??僕が乙女??」
「はい」
「嘘つくな」
 急に殺気が溢れ出た。
「じゃあ何故ここにいるか解ります??」
「知るか」
「クフフ...あなたが奴隷ノートに書いたからですよ」
「っっ  ...」
「観念しましたか??」
「何の??」
「なんでもない」
「では、僕はここで」
「どこ行くの??」
「ボンゴレの所へ。嫌がらせしに行くんですよ」
「そう。じゃあまた家でね」
「はい」

 

   ―――END―――

「あのさー骸、この台本何??ふざけてるの??」
「いえっけっしてそんなっ」
「あの後、つなよしどうしたの??」
「乗っ取ろうとしたらカバンを顔にぶつけられて...」
「ああ、だから頬が腫れてるんだ... プフっ」

 
 
 

どーも。マイナーCPの2769、2727が好きな奴です。
第四章もこれで終わりかー
読者の皆様、有難う御座いました(土下座)
 えー、次書くやつねーんだよねー
「こんなのやってー」とか「こんなんだったらべつによんでもいいよー」とか
イタいコメントでも何でもええんで書いてくっちょww
強制的ちゃうんで 書かへんでスルーとかしちゃってもええでwww

 あ、なんかすんません。取り乱すとかそんな感じでっ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)

今年そして今日のみ期間限定復・活夢小説 『ぼんごれ節分』 勝手に作っちゃいました(笑)

 どーも。俺様です((おい
 今日は節分のやつ。書いてみた↓
 途中、グロい表現有ります
 途中、27×(69×27)系があります

 

  『ぼんごれ節分』

 皆様、今日は何をする日かお分かりですか??
 テスト??朝会??いや、もっと馴染みのある...
 「鬼を追っ払う」?? もっとシンプルに言うと??
 そう。クフは内です!!
 え??分かり辛い??そんな方に特別に!!
 せーの、節bって誰か一緒に言ってくれよー
 え??前文長い??憲法の本なんかもっと長いよー
 あすみませんでは、マジ本格的に...

 ぴーんぽーん
  突然家のチャイムが鳴った。
 ガチャリ
  ツナはドアを開けた。
「こんにちは」
  現れたのは骸だった。(あ、うp主違う。)
「む...骸サン...??」
「そうです」
「こ...コスプレですか??」
「...///」
  その反応はコスプレだと見た。
「あ、コスプレなんだ...」
「はい。なぜこんなコスプレしているのかわかりますか??」
「かまって欲しいの??」
「はい」
  その姿は、そこら辺にいそうな(いや、ぱいなっぽーはいないけど)並盛中の制服だった。
「ねえ、骸」
「はい??」
「鬼ヨロシク」
  ツナの奪取。
  骸は追いかけた。
「クフフ...鬼ごっこですか??」
「節分だボケ」
「えー。その代わりに何かして下さい」
「OK!!」
  何かって何??!!
「あ、ボンゴレ、節分の知識はこの分け目のところくらいに閉まっておいてあるのであっているか言ってください」
「何で?!」
「取り合えずです。 えー、節分とは古(いにしえ)から蛇になる者を消す日本古来の黒魔術で、鬼の目をくり貫いた物をそこら辺に撒き散らすんですよね??」
「あのー...ほぼ間違い。春を迎えるための行事...」
「春はまだ先です」
 「はぁー馬鹿だこいつ...」
「君は本当に馬鹿だなww」
「お前だ!!」

  取りあえず説明省略。

「で、これを頭につけて綱吉君を襲えば良いんですよね??」
「うん」

「こうですか??」
「うん。でも並中の制服やめて」
「嫌です」
「じゃ、俺がこれを投げる」
「誰に向かって」
 骸が聞くとツナはニヤりと黒笑い。
「お前にな!!」
  そういった瞬間骸にツナは豆を撒いた
「あっ」
「.........」
  骸さん、無言ですか...
「ゴメン...どっか痛い」
「    ...グスっ」
  泣いたーむっきゅん。いやむくりょが泣いたー
「眼に」
「え??」
「眼に当たりました」
  ツナが見ると血が流れていた。
  その血は頬をつたい落ちる。
「わわわっ とりあえず俺ん家来い」
「はい」

  綱吉宅。
「ホントゴメン!!」
「くふふ...」
「おおおおおお怒ってる...??」
「あれ、嘘です」
「えぇっ!?」
「鬼役やったので、約束通り何かしてもらいますよ??」
  ツナは約束したことを後悔した。コイツなにするか分からんやつだから...
「では...6927しましょう!!」
「はぁ??6927って??」
「王道ですよ??」
「俺2769ならいいけど」
「約束...したでしょう??」
「うぅ...で、何すんだよ」
「それは...」

 

 長い沈黙

 
 

「何だ......よ...」
  骸が口を開いた
「6月9日にお祝いしてください」
「ドナルド・ダッグの誕生日??」
「屈辱ですね...僕の誕生日ですよ」
「しょうがない。いいよ」
「ありがとうございます!!」
「わわっ」
  いきなり抱きつかれた。
「じゃあ、俺にも言わせて...」
「はい??」
「俺の...十年後の俺の...冷たい手をずっと握ってて...」
「え??」
  ツナは解っていた。10年後のツナは居ないと言うことを
「嫌です」
「何で!?」
「これは僕が鬼だったからのことですよ」
「あ...うん...そうだったね」
「でも...その願い事は叶えさせてあげます」
「ありがと///」
「ずっと...ずっと握り締めています。どうか僕の本当の願いがかなうように...」

 
 
 
 
 

  ―貴方に奉げるこの想いを貴方の冷たいからだに...
    そう。伝わらないことは解っている
    僕の想いを大空へ届いてくれれば嬉しい
   僕の想い「また会えるならば、その時は2人でまた笑いあいましょうね」

 

    END...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

Vongola☆幻想 第4楽章 ~史上最悪最強のノート~

 生徒たちが学校へついた。
「...今日も群れを一掃しないとな...」
 独り言を言った雲雀は応接室を出た。

 校門へ着いた雲雀は群れの一掃を始めた。
「君、校則違反だ。咬み殺す」
「す...すみません」     ←どっかの生徒

「よ!!ヒバリ!!」
「気安く触れないでくれる?あとで500円請求するから」
 金取るんかい!!

「あっ、おはようございますっ雲雀さん」
「沢田綱吉...今日も校内で騒ぐのかい?」
「いっいいえっ滅相もありませんっ」

「クフフ......恭弥くんたら、お弁当忘れて」
「!!」
 振り向いたが誰もいなかった

   お昼www
 ヒバリは1人で屋上へ行った。
「......これ...アイツがつくったんだよな...」
 強がり言っちゃったかなwww雲雀www
 パク   雲雀は1口食べた
「.........美味しい...」

 

  雲雀は奴隷ノートを手にとった。広げてみるとこう、書いてあった
 『雲雀恭弥  あなたが好きです。あなたはどう思っていますか??』
  と、骸が書いたらしき物が残ってた。
  雲雀はこう書いた
 『指名者→骸。
  時間→明日
  場所→並盛中学校
  内容→転校してくる』

            続く!!
   えっと次回で終わらせます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

Vongola☆幻想 第4楽章 ~史上最悪最強のノート~

「......」
 ヒバリは校門を前にて立っていた
 そう!!もちろん!!やっぱり!!門は開いていなかった。
「飛び越えればいいや」
 雲雀はそう言って門を飛び越えた。
 ヒバリさんの運動神経ならそれくらいできるか...
 あ、その前に考えたが、門をぐちゃぐちゃにしようかと思ったがヒバリさんは並盛大好きっ子だからありえねーと思ったからそれはやめた。((笑
「......昇降口...開いてない...」
 ってことで、1階の開いている窓から侵入!!
「普通閉めるだろ...」
 そう思っていたが侵入した。

 で、応接室へ直行。
「風紀の仕事溜まってたっけ...」
 そう言って探してたが...無かったんだなこれが
「ナレーター...五月蝿いよ」
 気のせいだよ。俺、こうやる以外喋らせるだけだから
「ふうん あっそ」
 あっそって何さ!!何かやらせろ!!コノヤロー!!
「咬み殺すよ??」
 俺がやってやるよ((笑
「あと何分で生徒たち来るかな」
 あと1時間くらいかな ってか俺を使うな!!俺がお前を使うんだよ!!
「別にいいだろ...そう言えば君、群れるの好き??」
 どっちかって言うと嫌いですね。人込み嫌だ。
「あっそ」
 本日2度目のあっそですかーっ

   続く(すみません。ふざけ過ぎでした。)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

特別番外編 ~ツナのお誕生日祝い~

 ここ、沢田家は今日、朝が早かった
 リボーンはいつもと同じように「スピー」と寝てた。
 俺は、寝たふりをしていた
 微かに聞こえる声...母さんと父さんではないようだ...
  (今日、何かあったっけ??)
 ま、いいや。早いけど起きちゃお...

 俺は着替えた。今日は学校だったから

 着替え終わった俺は1階へ行った。
「あ。」
 俺は獄寺くんと目が合った。
「お...おはようございます...10代目」
「おはよ獄寺くん。今日何かあったっけ??」
「今日はっスねj」
「ちーっす!!ツナ!!学校行こうぜ!!」
「えっ 山本?? まだ学校は開いてないよ??」
「いーからさ!!」

 そして俺と山本は学校へ行った

「ほら...やっぱり...」
「あはは ツナ!!開いてなかったな」
「いや...山本...普通だから...」

 そして時は過ぎ授業中

 (なんだか目線が...)
 と、思い振り向くと...
 京子ちゃん、山本、獄寺くんと目が合った ((無言です。
 (俺...何かやったっけ??)

 また時は過ぎ帰る時間

「山本、獄寺くん。一緒に帰r」
 振り向くといなかった
「2人とも...どこ行っちゃったのかな...」
   そして俺は1人ぽつんと帰った。

 帰り道
「今日...喋ったのって朝だけだよな...」
 (俺...嫌われちゃったのかな...??)
 この時のだけは長く感じた。自分を呪いたくなった。
「あ...家通り過ぎちゃった」
 ボケーっとしていた俺は家を通り過ぎてしまった。
 ま、戻ればいいや。と思ったから別によかった。

 沢田家
「ただいまー...」
「誕生日おめでとう!!」
「え??」
 (ちょっ、ちょっと待ってっ 誕生日って...)
 俺はカレンダーを見た。10月14日だった。
「あ...」
 俺は嬉しくて涙が溢れた。
「皆...ありがとう...」
「沢田ぁー!!俺からの極限プレゼントだー!!」
「お兄さん...ありがとう...」
 開けてみるとボクシング初級編のカタログだった。
 (お兄さん...ボクシング部に入れる気満々だー...)
「ガハハハ!!ツナ!!オレっちからだじょー!!」
「ラ...ランボ...これ...プレゼントって言うの...??」
 ランボからのプレゼント(?)はそこら辺にある石だった...
「10代目ぇ!!お誕生日おめでとう御座います!!」
「あ...ありがとう...獄寺くん...」
 (獄寺君...ダイナマイトはプレゼントじゃないと思うけど...)
「ツナ!!寿司だ!!皆で食おうぜ!!俺の手作り♪」
 (ありがとう、山本ぉ 今のところすっごいマトモだよ...)
「ボス...これ...骸様から...」
 (骸ぉぉぉぉぉぉぉぉぉおぉぉぉぉぉぉ!!てめぇナッポーかよおぉぉぉぉぉぉおぉぉ)
「それとこっちは私から」
 (..................これ.........猫の着ぐるみ...)
「ダメかな??ボス...似合うと思ったんだけど...」
「う...うん...今度着てみるよ...」
「僕からもね」
「ヒ...雲雀さん?!」
「綱吉...これ。あげる。じゃあね...」
「えっちょっえぇぇぇっ」
 それはsakura addiction (雲雀さん編)だった。
 (宣伝かよ!!)
「ツナ兄~ これ僕から」
 (オルゴール...)
「これTSUNA LIFEのやつ手作り♪」
「ありがとう... フー太... あとで一緒に歌おっか」
「うん」
「ツナさぁぁぁん!!これ!!ハルが作ったんです!!」
 (うわぁ...誰も着てもらえないであろう気ぐるみだー しかも手作り...)
「ツナ。私からよ」
「ありがとうビアンキ...って俺を殺す気かよ!!」
「あら??駄目かしら??」
「誕生日が命日ってどんだけだよ!!」
 (頼むからまともにしてくれぇぇぇぇえぇえぇぇぇぇえ)
「ツナ君...」
「京子ちゃん」
「これ...ツナ君に...」
 それは携帯のストラップだった。
「私とお揃いなんだけど...嫌かな」
「ぜっ全然 むしろ嬉しい」
 (京子ちゃんと...京子ちゃんと...お揃い...嬉しいな...)
「おい!!俺からもだ」
「リボーン」
「今すぐ開けてみろ」
「うん」
 俺は箱の中を見てみた。そのなかは...
「......プリント...」
「ああ。今日は特別多いぞ」
 (誕生日なのにぃぃぃいぃぃぃぃぃぃぃいいぃぃ」
「これはレオンからだ」
「...死ぬ気弾...」
「俺が打てない場合はお前が1人でやれ」
「えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇええぇぇぇぇぇぇl」

 と、まあこんな感じで俺は楽しかった。
 (今度は皆にお返しに何か渡そ♪)

       HAPPY END♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

Vongola☆幻想 第4楽章 ~史上最悪最強のノート~

「じゃあ、僕寝るから」
  雲雀は眠そうに言った
「おや??もう寝てしまうのですか??夜かこれからですよ??」
「五月蝿い黙れ!!僕の眠りを妨げたら君に明日はないよ」
  うわっ言ったよ... 俺知らねぇー
「恭弥ー...寝床どうするんだ??」
「僕のWベッドで寝て良いよ」
「いいのかよ!!いつもお前Wベッドで寝てたくせに」
「うん。まあね...あ、いっておくけど骸とね」
「えっ...」
「僕はソファーで寝るから。あと、明日僕朝早いから。彼が起きたら追い払っといて。でないと...これに書くよ...」
「あ~はいはいわかりました」
 そしてヒバリはソファーで。
 でぃのさんはダブベでなpp...いやむっくーと(仕方なく)寝た

    次の日です
 雲雀が起きたときにはもうカーテンが開いてた
「おはよう御座います。恭弥くん」
「ああ...骸か...」
「早いですねーしかも寝てるときから制服ですか...」
「いいだろ」
「寝顔......子猫みたいでしたよ」
「君...私服もエプロンも似合わないね...」
 ヒバりはムクろの言うこと完全無視した。
「ひどいですねーこれでも決まってるんですよ」
 はー...これだからイタリア人は...
「じゃ、行ってくるから」
「散歩ですか??」
「学校行くに決まってるだろ」
「お弁当はまだ作ってませんよ」
「いらない」
「朝御飯は??」
「いらない」
「本当ですか??」
「いらないから」
「朝の目覚めのk」
「いらないって言ってるだろう??」
「そうですか...」
  雲雀は走って学校へ行った。まだ校門開いてないが...

         続く。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

Vongola☆幻想 第4楽章 ~史上最悪最強のノート~

 で、夜11時
 ぱいなっぽーが雲雀の家にきた
  ガチャ
「あ、やっぱり来たんだ」
「はい??」
「何でもない。で、何しにきたの」
「雲雀恭弥...僕は、貴方のこと...好きです
「は??」
「だから好きです」
「僕男だよ??だから君、変態とか言われるんだよ??解ってるの」
「えっ?!僕、ヘンタイ呼ばわりされてたんですか?!」
「はー...説明すんの疲れてきた... 僕、眠いから」
「さっきの返事は?!」
「嫌いに決まってるでしょ」
 ナッポーは5000の心のダメージを受けた
 雲雀は100万円の賞金をもらt((うわけない
「じゃ、寝るから」
「待ってください!!僕、寝るところがないんです!!(脱獄したから)」
「じゃ、綱吉の家でも行けば??」
「絶対にダメと言われます」
「僕の家はいま1ファミリーのボスのくせに部下がいないと運動オンチな金色の髪の奴がいるからパイナッポー星から来た緑堂夢食露なんか来たら家が狭くなる」
「なんですか!!その緑堂夢食露って!!緑堂って同人誌の出版社ですか?!そんなのありませんよ!!夢食呂って夢を食べる露天風呂ですか!!そんなところくる人いませんよ!!」
「君、緑堂夢食呂じゃないっけ??」
「六道骸です。六道輪廻の六道に残骸の骸です」
「へぇ。君、残骸なんだ」
「違います!!」
「じゃあ市外の外」
「ずいぶん離れましたね...」
「気のせいだよ」
恭弥ぁ~heart01
 甘える声でたねうまでぃのが来た (つーか何故文字がピンクっキモっ)
「なっぽーどうにかしてよ。ハメウマ」
「ハメじゃない跳ね馬だ と...あぁナッポーね...いいんじゃん??寝せてやれよ」
 聞いてたんだね...でぃーのさん...
「ってことで!!今日からお願いしますね恭弥くんheart01
 キモっとか雲雀は思った。

   続く。(と思う)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月27日 (土)

Vongola☆幻想 第4楽章 ~史上最悪最強のノート~

 帰り道、雲雀はでぃのと一緒に帰った。
「何で貴方は僕に付きまとうの」
「いいじゃねーか。それより、奴隷ノートって言ってたけど、ほんとに使えるのかソレ」
「使えるんじゃん?? じゃあ書いてみるよ」
 《指名者→六道 》
 ここまで書いて雲雀は気がついた。
「.........」
「? どうした??恭弥??」
「六道骸の漢字知らない...」
「......プッ」
「...笑ったね??」
「いっいやっ 骨に核の右のやつで骸だ」
「へえ」
 雲雀はまた書き始めた。
 《指名者→六道骸
  時間→夜11時
  場所→所有者の家の前
  内容→所有者に本音を言う》

「これで、どうなるかな??」
「俺も見張ってるよ!!」
「別にいいけど...」
「あと6時間あるけどどうするんだ??」
「風紀の見回り」
 まぁ、そんな感じで見回りしてたわけだ

 そのころ、復習者の牢獄
「マタアイツガ脱獄シタ」
「モウイイ。アイツハモウ放ッテオケ」
 なっぽーが脱獄した。

さあ、どうなる??続きはウェブで!!((ナイナイ
 続きは、気が向いたら!!  じゃ、続くっぽいし、まぁ、適当に見てやって!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

Vongola☆幻想 第4楽章 ~史上最悪最強のノート~

「待たせちまったな!!恭弥!!」
「別にいい」
「で??何の話だ??」
「......好きだ」
  ん??好きだ??何かの聞き間違えか??
 とディーノは思った。
「恭弥......俺ら、男同士だぜ...お前...ギャグ狙ってるのか??」
 はいはーい!!これ書いてるヤツは狙ってまーす!!((笑
「狙ってないよ。ただ...」
「ただ??」
「自分でもよくわからない。僕の本音はあなたを咬み殺したいだけ」
 ヒュンとトンファーを振った。
「ちょっ待て!!お前人を呼び出しておいて何だよその態度」
「さあね。僕には獣の血が流れているからね」
「それ答えになってねーし!!しかもお前人間だから!!」
「人間??草食動物と同じにされたくないね」
 ガーン と、こっそり聞いていたツナは思った。
「大体、何だよ恭弥。お前らしくないぞ??」
「は??僕はそのときの僕が好きなキャラだから」
 ま、そんなこんなだ((笑
「「ナレーターは黙ってろ!!」」
 あ、さーせん。

 そのときリボーンたちはと言うと
〔リボーン!!お前なんかやらかしたのか??〕
〔ん??まぁな。これだ〕
 リボーンは奴隷ノートを差し出した
〔やる〕
〔ちょっと待て!!リボーン!!お前なんだよコレ!!〕
〔奴隷ノートだ〕
「いらないよ!! あっ」
  ヒバリさんにバレた?!これ、絶対やられるっ ヤバイよぉ~
「なんだいそれ」
「ちゃおっス!!ヒバリ!!これは史上最悪最強のノートだぞ☆」
「☆ いらねーし!!つーかこれヒバリさんが持ったら全世界血の海だよ~」((汗
「ダイジョーブだぞ。名前と顔が入ってなきゃつかえねーからな」
「DE●TH ●OTEかよ!!」
「これ、もらうよ」
 ヒバリはツナが持ってた奴隷ノートを奪った。そして
 ヒバリは奴隷ノートをゲットした!!
「あ...はい...」
 ツナは呆気なく渡してしまった。
「残念だったなツナ」
「え??」
「あれでマフィアがいない新世界の紙になれたのにな」
「俺、紙かよ!!」
「で、これ、本当に使えるの??」
「ああ。お前で試したからな」
  あ、リボーン...言っちゃった...
 ツナはそう思っていた
「ってことでこれ貰って行くから」
「いいぞ」
「で、俺の出る幕ねーのかよ!!」
「あなた、そんなに煩かったっけ??」
「えっ??あああ、なんでもないからww な!!ツナ!!」
「えぇ、まぁ...」

  続く(っぽいよ)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧